「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ!

「ちゃんもも」こと現役女子高生と、40歳パパが美容・健康・お金などなど。気になるアレコレを調査して情報発信しています。

ひとりごと

年収が上がらない原因とは?その解決方法は?

更新日:

職場の同僚やお友達などと、こんな会話をしたことはありませんか?

じゃがくん
あ~あ、今日も仕事かー、めんどくせーなー

コーンくん
そうだよね、暑いし、面倒な上司多いしね

トマミちゃん
まあまあ、そんなことを言わず、一日がんばりましょうよ

コーンくん
トマミはいいよな、前向きでさ

じゃがくん
なんか一生懸命働いても給料上がらないし、残業つかないこと多いしな~

コーンくん
それは、そうだよね。よその会社も同じなのかな~?

トマミちゃん
きっとどこも一緒よ。わたしの旦那も同じこと言ってるし

コーンくん
みんな一緒か~、将来明るくないようで憂鬱な気分になってくるよ

じゃがくん
あ~あ、宝くじでも当たんねーかな~

なんだか前向きな気持ちになれない会話のようですが、今の日本の縮図のような会話のような気がしてきませんか?勤続年数を重ねて管理職になるとピタっと止まる給料。少子高齢化による定年制の延長で、いつまでも古い価値観で居座る上司。共働きをしなければ生活を維持することができない現実。40歳という世代は多かれ少なかれ、こんな感情を抱いたことはあるのではないでしょうか。

営業マンも意外につぶしがきかない。あるメーカーの営業マンはこう語る。

「長く現場を離れて資材管理に回されていた元課長が再雇用で古巣の営業部の助っ人にやってきた。取引先の専務とは旧知の仲らしく、『○○さんはオレが営業にいたときはまだ課長だったのに、いまや専務か。今度ゴルフでもセッティングして紹介するから』と自信満々だったが、一緒に挨拶に行くと相手の専務はゴルフより、しっかりした企画書と会議でのプレゼンを要求。接待しかやってこなかった元課長は企画の説明ができない。課内の若手から全然使いものにならないと相手にされなくなった」
引用:65歳定年制で再雇用 元部下の上司とぎくしゃくで職場不和も(NEWSポストセブン)

わたしの会社でもこの引用のようなケースは、けっこうあったりします。こんな上司ばかりがいる訳ではありませんが、現実的な問題として年齢的な理由から、新しい技術や方法を受け入れることは難しいと思います。例えば営業を考えてみると、年配の方から「通ってなんぼ」や「FACEtoFACE」など、まず会うことが重要とよく聞かされたりしますが、果たしてそれが正解なのでしょうか?
今やインターネットで集客することが、あらゆる業種で可能になってきていますので、ニーズのある場所を探すのに足げく通うことは相手の都合もある訳ですので、あまりいいやり方ではないのではないかと考えることがあります。最終的には、人物を信用して頂かなければならないのは不変な訳ですが、アプローチのやり方についてはテクノロジーのちからを借りる。これが正解だと思います。
メルカリやZOZOTOWNに営業マンはいない訳ですので。

すこし前置きが長くなってしまいましたが、実は前述したことに関わる「時間」こそが年収が上がらない原因だと思います。他人の考え方を変えること、勤めている会社の方針を変えること。きっと無理ですよね?わたしもかつては挑戦してみたことがありましたが、無駄でした(笑)。できたとしてもかなりの時間を必要とすると思います。
であるなら、確実にできる「自分を変える」ことに専念して、変わらないものに費やしていた無駄な時間を、自己啓発や投資の勉強時間などに変更して徹底的に『稼ぎ脳』を鍛えていく。

 

時間=お金

 

時間の使い方を制するものは、年収UPを制すると言えるでしょう。

副業初心者におすすめの【本】

 これから副業や投資をしていこうと考えている方におすすめする本です。ハウツーではなく、「考え方」を学ぶ上で参考になると思っています。わたしなりの見解ですので、その辺はご容赦の上でご検討してみてください。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,718から
(2017/8/20 15:57時点)

パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる。この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。(引用:amazonより)

33歳で資産3億円をつくった私の方法

33歳で資産3億円をつくった私の方法

新品価格
¥1,200から
(2017/8/20 16:10時点)

29歳で転職した外資系コンサルティング会社で、忙しくも充実した日々を送っていた32歳の著者。夫婦共働きで家計には余裕があるはずなのに、なぜか貯金は70万円。しかし、それからたった1年で、資産3億円を形成、毎年1200万円の継続的&持続的キャッシュフローを手にするまでに至ります。本書ではその秘密があますところなく明かされますが、体験に裏打ちされた理論のわかりやすさは折り紙つき。巻末には書き込み式の「お金持ちプロジェクトノート」がついており、本気で「人生、お金、仕事」について考えたい読者をサポートします。(引用:amazonより)

お金に愛される生き方

お金に愛される生き方 (学びやぶっく)

新品価格
¥1,296から
(2017/8/20 16:18時点)

邱永漢(きゅうえいかん)の著書です。日本と台湾で、実業家、作家、経営コンサルタントとして活躍した方です。株の名人として有名で「金儲けの神様」と呼ばれていました。お金を増やすことについての考え方や、投資の原則などについて書かれた本です。シンプルな言葉で語りかけてくれていますので、読書が苦手な人でもスラスラと読み進めていけると思います。

-ひとりごと

error: Content is protected !!

Copyright© 「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.