「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ!

「ちゃんもも」こと現役女子高生と、40歳パパが美容・健康・お金などなど。気になるアレコレを調査して情報発信しています。

ひとりごと

年収1000万は、地方サラリーマンでは無理!?平均年収から分かるその理由

更新日:

昨年のサラリーマンの平均年収をご存知ですか?
統計のやり方はいろいろあるようですが、おおむね420万円と言われております

東京や大阪、名古屋などの都市部に勤めているサラリーマンと、地方サラリーマンの金額差はあると思いますが、生活スタイルの違いによって、お金の使い方も変わりますので、年収差=格差とは一概にならないと思いますが、都市部と地方では年収に差があるのは間違いないと思います。平均年収420万円の平均年齢は、男女共に43歳とのことです。

世帯年収が1000万円を超える割合は、日本国内で12%程度いるそうなのですが、男女ともに単体で年収1000万超えるとなると、男性6.6%・女性0.7%の狭き門となってしまいます。

業種別に見る平均年収ランキングでは、総合商社1280万、テレビ放送990万、携帯電話910万と、そもそも高学歴の属性が求められるエリート集団で、都市部に本社がある会社で占められていますので、学歴に自信のもてない地方サラリーマンで年収1000万円をもらうことは、かなりの高い壁があるという印象をもちます。

先日、福岡に住んでいる友人が同窓会に出席した際、旧友と2次会で盛り上がっている席で「年収」の話になったそうです。福岡と言えば福岡市の人口は150万人越えと、政令指定都市5位の人口数に加え、人口増加率もトップの国内有数の大都市です。そんな福岡に住む40代サラリーマン男子3~4名からヒアリングできた年収は、おおむね500万円。手取りで月収30万円を超える友達はいなかったそうです。正直かなり驚きましたが、これが現実なのですね。

東京オリンピックの影響もあり、人口や仕事の東京への一極集中が進んでいますが、40代で地方サラリーマンをしていて東京へ移住して職を探せる方は、そう多くはないと思います。40代と言えば、子どもの進学や親の介護などの将来の問題、職場での立場などなど、夫婦で解決しなければならない課題が山積していると思います。今の年収に満足はしていないけれど、住み慣れた土地を離れてまで年収UPを目指すことに、ためらいを覚える方もいると思います。わたしもその中の1人でした。

ですが諦める必要はありません。
地方サラリーマンをしながら年収1000万を目指すことは、可能です!
(努力は必要ですが:笑)
次回からわたしの行ってきた方法を少しずつお伝えしていきたいと思います。

副業初心者におすすめの【本】

 これから副業や投資をしていこうと考えている方におすすめする本です。ハウツーではなく、「考え方」を学ぶ上で参考になると思っています。わたしなりの見解ですので、その辺はご容赦の上でご検討してみてください。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,718から
(2017/8/20 15:57時点)

パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる。この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。(引用:amazonより)

33歳で資産3億円をつくった私の方法

33歳で資産3億円をつくった私の方法

新品価格
¥1,200から
(2017/8/20 16:10時点)

29歳で転職した外資系コンサルティング会社で、忙しくも充実した日々を送っていた32歳の著者。夫婦共働きで家計には余裕があるはずなのに、なぜか貯金は70万円。しかし、それからたった1年で、資産3億円を形成、毎年1200万円の継続的&持続的キャッシュフローを手にするまでに至ります。本書ではその秘密があますところなく明かされますが、体験に裏打ちされた理論のわかりやすさは折り紙つき。巻末には書き込み式の「お金持ちプロジェクトノート」がついており、本気で「人生、お金、仕事」について考えたい読者をサポートします。(引用:amazonより)

お金に愛される生き方

お金に愛される生き方 (学びやぶっく)

新品価格
¥1,296から
(2017/8/20 16:18時点)

邱永漢(きゅうえいかん)の著書です。日本と台湾で、実業家、作家、経営コンサルタントとして活躍した方です。株の名人として有名で「金儲けの神様」と呼ばれていました。お金を増やすことについての考え方や、投資の原則などについて書かれた本です。シンプルな言葉で語りかけてくれていますので、読書が苦手な人でもスラスラと読み進めていけると思います。

-ひとりごと

error: Content is protected !!

Copyright© 「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.