「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ!

「ちゃんもも」こと現役女子高生と、40歳パパが美容・健康・お金などなど。気になるアレコレを調査して情報発信しています。

副業

ビットコインの仕組みをわかりやすく解説|知らないと損する仮想通貨のメリットとは?

更新日:

ビットコインの普及が急速に進んでいます。
世界的に投資としてとらえているようで、株やFXのように取引が活発です。
いまの日本はキャッシュレス社会の構築に向け動き出していますので、ビットコインのような「仮想通貨」を利用するシーンが、日常のあたり前になる可能性が高まっています。

一部の家電量販店では、決済の手段として使えるようになっているようです。

投資なのか?貨幣なのか?
まだまだ謎の多いビットコイン。

ここではビットコインの仕組みや購入方法などを、わかりやすく解説していきます。

 

 

 

ビットコインとは?

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー)と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

(引用:ビットフライヤー公式サイトより

なんとなくわかったような、わからないような・・・。

ビットコインは手にとって見える姿形が存在しない通貨ということが、今までの貨幣と大きく違うところです。日常買い物をするときに使っている千円札や、百円玉は世界的な貨幣「円」として現金が存在します。アメリカの「ドル」や中国の「元」も同じです。現金は物やサービスを売ったり買ったりするときに直接使われますが、クレジットカードはどうでしょうか?

クレジットカードは直接貨幣を使う訳ではなく、銀行の口座間だけでお金のやりとりをしています。大きな金額の買い物をするときや、インターネットで買い物をするときに使われる便利なものです。特にインターネットでの買い物は、amazonやZOZOTOWNなど、便利なウェブサイトが続々とできてきています。メルカリも従来あったフリーマーケットを、インターネット上でできるようにしてしまいました。恐らく今後もインターネットで物やサービスを買える便利なウェブサイトは続々と登場しますので、クレジットカードの需要もますます増えてくると思います。

 

 

ところで、キャッシュレス社会という言葉を聞いたことはありますか?
日本もそうなのですが、世界的にキャッシュレス社会を作っていく方向に進んでいこうとしています。つまり現金を無くしてしまおうとしている訳です。

現在もっともキャッシュレス化が進んでいる国、スウェーデンでは現金使用率は2%、キャッシュレス率が98%で、日常生活で現金を使われることはほとんどありません。「現金お断り」のショップや飲食店が増え、交通機関はほぼカードオンリー、現金では鉄道やバスにも乗れない。銀行は現金を置かないキャッシュレス店舗が大半を占めています。

キャッシュレスが進むことで、迅速な行政サービスの実現や効率の高い取引が企業・個人を問わず進みますので、世界経済の発展に寄与すると考えられています。

 

 

これからのインターネット社会とキャッシュレス社会、これに対応する通貨として期待をされているのが、仮想通貨です。ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

 

ビットコイン仕組みとは?

 

誰がビットコインをつくったのか

ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。

(引用:ビットフライヤー公式サイトより

 

中央銀行が存在しない通貨

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していません。今までの通貨はどこの国でも中央銀行や政府があり、そこで通貨の量を調整しながら発行していました。ビットコインは、この通貨を発行するという概念がないため、中央銀行のような機関は必要としません。

ビットコインの最大の特徴は、世界初の発行主体がいない分散型通貨であるということです。

【ビットコインとの比較表】

 円・ドル等  ビットコイン  金
 発行主体  中央銀行・政府  なし(プログラムで運用)  なし(地球の資産)
 発行量  無限  有限  有限
 価格変動  低  高  高
 携帯性  高  高  低
 偽造  可能  困難  可能

 

コーンくん
発行量が有限ってどういうこと?

ドルや円などの通貨は中央銀行や政府が自在に供給量を調節出来ますが、ビットコインというのは、すでにプログラム内のコードにより供給限度が2,100万BTCであると定められています。供給スピードも決まっています。始めは約10分ごとに50BTCが供給され、しかも約4年ごとにその供給量が半減され、原則として2140年には2,100万BTCになりビットコインの供給が終了するようになっています。 限りがあるというのは、金も似通っていて、ビットコインは金とよく似ていると言われたりします。

 

ビットコインは誰が管理しているのか?

ビットコインではブロックチェーンと称される、全てのビットコイン取引履歴を記録した元帳という感じのデータベースがあるわけです。そこには「いつ何処からどこにどの程度のコインが送られたか?」という記録が残ることになっていて、そのデータベースを公にしています。そして、そのデータベース内の取引記録が適正かどうかは、世界中に多数いるビットコイン参加者たちによって監視されており、その50%以上が「不正使用を認める」ことをしない限り、不正使用はネットワークによって却下されることになります。もしも不正使用を認めてしまうと、参加者すべてが被害を受けるので不正使用を認める意味を持たないのです。

こういったようにビットコインのネットワークは善意による多数決により、取引に不正使用がないかを一定期間(10分)ごとに判定して台帳(データベース)に追記されていくというわけです。もし中央部に管理者がいるネットワークだったら、その管理者による不正が行われたり、ネットワークに不正に入り込んでデータを改ざんしたり破損させたりする行為が行われる可能性がありますが、ビットコインにはそのことがまず起こりえません。

 

ビットコイン銘柄とは?

ビットコイン銘柄とは株式上場している会社で、ビットコインに関係する物やサービスを提供している会社を指します。ビットコイン関連銘柄が正確なのかも知れません。

株式市場では平日の9時~11時30分(前場)と12時30分~15時(後場)まで、株の売買取引が行われています。ここ数か月のビットコイン相場の値上がり、値下がりに連動して、ビットコイン関連銘柄の売買取引が特に活発に行われています。

こういう銘柄は「期待値」が大きいため、一日の取引金額も多い分、株価の乱高下も激しいのが特徴です。株取引初心者の方にはオススメできませんが、参考までに関連銘柄をまとまてみました。

 

証券番号 企業名 ビットコイン関連情報
3121 マーチャント・バンカーズ 2017年2月、ビットコイン取引所「BtcBox」と資本・業務提携を発表
3688 VOYAGE GROUP 子会社のVOYAGE MARKETINGがbitFlyerと提携し、自社ポイントをビットコインに交換できるサービスを開始し注目を集めた
3690 ロックオン 「Zaif Payment」のテックビューロと業務提携し、自社ネットショップでビットコインでの決済を実現した
3691 リアルワールド bitFlyerと業務提携し、自社クラウドサービスで貯めたポイントがビットコインに交換できることになる
3696 セレス 2016年9月、ビットコイン送金サービス「CoinTip」のサービスを開始した
3769 GMOペイメントゲートウェイ bitFlyerと業務提携し、ビットコインで決済できるサービスを導入
3774 インターネットイニシアティブ QUOINEやKeychainと協業し、仮想通貨流通のネットワーク環境を構築する事業を2017年上旬に開始予定
3807 フィスコ 傘下のフィスコ仮想通貨取引所ではビットコインや日本で作られた暗号通貨モナコインを取り扱う
3808 オウケイウェイヴ ブロックチェーン技術とビットコイン取引所を有するテックビューロや、ビットコイン関連サービスを展開する企業breadwallet LLCと業務提携。
3825 リミックスポイント 傘下のビットポイントジャパンはビットコインやイーサリアムの仮想通貨を扱う取引所・販売所
3853 インフォテリア 2017年4月、一般社団法人ブロックチェーン推進協会が、インフォテリアなどの企業と共同で仮想通貨「Zen」の実験を開始
6172 メタップス 2017年3月、AIによる仮想通貨の取引データの解析をし、投資アルゴリズムを構築
6180 GMOメディア ビットコインでオンラインゲームのアイテムを購入できるサービスを開始
8306 三菱UFJ FG 仮想通貨イーサリアムの企業連合に参加。仮想通貨「MUFGコイン」の発行
8411 みずほ FG 日本IBMと組み、仮想通貨「みずほマネー」を開発。bitFlyerと業務提携
8473 SBI ホールディングス SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立。仮想通貨の交換・取引サービスを提供
8703 カブドットコム証券 MUFG イノベーションラボなどと共同で企業コイン「OOIRI」を導入
8704 トレイダーズホールディングス 2017年4月、子会社であるみんなのビットコイン株式会社が仮想通貨取引所サービスを提供開始
9449 GMOインターネット 2017年5月、子会社のgmo-z.comコインがビットコインの売買ができる取引所を開始。イーサリアムやアルトコインも売買予定

 

 

ビットコインのマイニングとは?

 

ビットコインの入手方法

ビットコインを手に入れるには、主に2つの方法があります。

① 円やドルと交換してビットコインを手に入れる
円やドルとビットコインを交換することで、手に入れる方法です。

② ビットコインをマイニング(採掘)する
ビットコインはマイニング(採掘)という方法により、ビットコインを手に入れる方法があります。

 

 

ビットコインをマイニングする

ビットコインは、その特質上、あらゆる取引記録を取引台帳に記録をします。そうした処理には、極めて莫大な計算量が求められます。そういうわけでビットコインでは、これらの追記作業に、全世界の各所に存在する有志者のコンピュータリソースを借りております。

どういったことかといいますと、コンピュータを利用していない時間や、余ったCPUのリソースの一部を、ビットコインの運営に必要な計算に向けてもらっているのです。この作業によって、コンピュータリソースを貸してくれたユーザーに対して、ギャランティとしてビットコインが支払われます。

これが、ビットコインマイニングと呼称される、ビットコインを入手するための方法の1つとなります。

 

 

 

ビットコイン取引所の選び方

 

日本国内にはすでに数十社が、ビットコイン取引所を開設しています。
それぞれに特長があるのですが、取引所選びで注意して欲しいポイントは以下の3点です。

①取引が成立しやすいか
ある程度の取引量がないと、コインの売買が成立しない可能性があります。売注文と買注文の需要と供給のバランスのためには、ある程度の売買量が必要です。

②目的に適しているか
少額な金額(~\500,000)で取引を始めたい方は、取引手数料無料はありがたいです。日本円出金手数料、ビットコイン出金手数料も低い方がメリットがあります。

③ビットコイン以外の仮想通貨の取扱いはあるか
ビットコイン以外の通貨をどの程度扱っているかも確認しましょう。

 

取引所早見表(手数料・取扱い仮想通貨・レバレッジ)

 

取引所名 取引手数料 取扱い仮想通貨数 日本円出金手数料 BTC出金手数料 レバレッジ
bitFlyer 0.15%~0.01% 4 216円~756円 0.0002BTC 15倍
coincheck 0% 13 400円~756円 0.0005BTC 5倍
Zaif -0.01% 3 350円~756円 0.0001BTC~ 7.77倍
bitbank.cc -0.05%~0.05% 6 540円/756円(3万円以上) 0.001BTC なし
bitbank trade 現物取引終了 1 324円 0.0001BTC 20倍
QUOINEX 0% 3 実費出金手数料 無料 25倍
BITPoint 0% 3 実費出金手数料 無料 25倍
BTCBOX 0.2% 2 出金金額の5%(最低400円) 0.001BTC 3倍
GMOコイン 0% 1 無料 無料 25倍
みんなのビットコイン 0% 3 500円 無料 25倍
BIT Trade 0.2% 6 648円 0.0005 BTC なし

 

取扱い仮想通貨一覧表

 

 取引所名  取扱い仮想通貨
 bitFlyer  イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ
 coincheck  イーサリアム、リップル、モネロ他全12種類
 Zaif  NEM、モナコイン
 bitbank.cc  ライトコイン、リップル、モナーコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ
 bitbank trade  現物取引終了 bitbank.ccへ移行
 QUOINEX  イーサリアム、ビットコインキャッシュ
 BITPoint  イーサリアム、ビットコインキャッシュ
 BTCBOX  ビットコインキャッシュ
 GMOコイン  ビットコインのみ
 みんなのビットコイン  イーサリアム、ビットコインキャッシュ
 BIT Trade  ライトコイン、リップル、モナーコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ

 

仮想通貨の種類は、世界中で数千種類はあるといわれています。
その中でも代表的な仮想通貨は・・・

ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・リップル・ライトコインです。

この5つの仮想通貨は、時価総額も大きくなっていっています。
それだけ取引が活発ですので、取引所選びの参考にして頂ければと思います。

 

ビットコインの購入方法

ビットコインを入手する代表的な方法は2つあります。

1.ビットコインを取引所経由で購入する
2.ビットコインをマイニングする

このように2つの方法がありますが、マイニングは素人ではとてもできるものではありません。
確実に手に入れることができるのは、取引所経由ということになります。

 

取引所経由でビットコインを入手する

株やFXを購入したり売買したことがある方ならご存知かも知れませんが、ビットコインを購入するには、まず取引所にお金を入金する必要があります。

わたしが個人的におすすめする取引所は以下の3つです。

ビットフライヤー

ユーザー数20万人超
月間取引高700億円超
資本金約40億円
日本最大の仮想通貨ビットコイン・ブロックチェーン企業です。

⇒ もっと詳しい情報はコチラから

 

QUOINE

アジア圏で最大級のビットコイン取引所
業界最多の14通過ペア数
BTCJPY取引率手数料無料
ビットコイン価格が他取引所より低い
スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)
0.01BTCから取引可能

⇒ もっと詳しい情報はコチラから

 

GMOコイン

ビットコインでのFX取引ならGMOコイン
取引手数料無料
新規注文(買建・売建)、決済注文、ロスカット、すべて無料!
24時間・365日、土日祝日でも取引可能!
「追加証拠金制度」なし

⇒ もっと詳しい情報はコチラから

 

手数料などは早見表をご覧ください。

入金方法や取引方法については、公式サイトに分かりやすく解説されています。
わたしのつたない説明よりも、そちらをご覧になることをオススメします。

 

ビットコインの換金方法

ビットコインを日本円に換金する際には、先ずは保有しているビットコインを売却することが必要です。取引所には不特定多数間で売買できる取引所があり、売却することができます。

売却したいビットコインの数量を打ち込めば、日本円が表示されることになるので「売却する」のボタンをクリックします。取引所によって表示に違いはありますけれど、売ると買うは理解しやすく解説されているので簡単にできるはずです

 

 

ビットコインを売却したら、日本円をご自身の銀行口座に出金します。日本円で残高が表記されるので、ご希望の金額を入力してしてみてください。取引所でビットコインを換金するために必要なのはわずか2ステップです。とても簡単です。その先は銀行口座にきちんと入金されているか確かめましょう。銀行の営業日や時間に影響されることがありまので、すぐに反映されないケースもあります。

 

ウォレットにあるビットコインを換金する

モバイルウォレットやデスクトップウォレットなど、自分自身で運用しているウォレットのビットコインを現金化したい場合もあるでしょう。その場合は取引所の口座にビットコインを送付して換金するのが最もシンプルな流れです。

 

 

取引所の管理画面を開いてみると「BTC(ビットコイン)預入」や「ビットコインを受取る」といったメニューがあります。こちらには自分自身の口座のビットコインアドレスやQRコードが掲載されているので、ウォレットからこちらのアドレスにビットコインを送ります。

送信後はさきほどと同じ流れになって、ビットコインを売却してから日本円を出金しましょう。ウォレットにビットコインがある場合はワンステップ増えることになるのですが、簡単に出金までできてしまいます。

 

ATMでビットコインを換金する

ビットコインは専用のATMでも現金化できます。ただし、ATMが設置されている場所は日本では少ないため、あまり現実的な換金手段ではないといえます。換金手段はモバイルウォレットでATM画面のQRコードを読み込み、換金したい数量のビットコインを送ります。送付後、ATMから日本円が出てきます。

 

 

即時換金サービスを利用する

即時換金サービスはBitPayやCoinbaseなどが知られています。これについては決済サービスでビットコイン決済を導入している店舗の利用ニーズが多いです。モノやサービスの支払い時にオートマティックにビットコインが円に換金されることになります。店舗は値動きの大きいビットコインではなくて、日本円を受け取ることができるワケです。取引所の決済サービスもこれらのシステムを活用しています。

 

ビットコイン相場

 

ビットコインは株式やFXと違い、24時間365日取引が可能です。
最近は注目度の高まりから、値動きの激しい相場が続いています。
1BTCの円換算値は、記事を書いている現在では¥331,620円です。

 

 

明日になるとどうなっているか分かりませんが、相場は過熱気味です。
取引のタイミングは慎重に見極めていきましょう。

 

ビットコインの取引単位は?

取引所において、それぞれ売買の最低取引数量を定めています。

ビットフライヤー 0.001BTC 円換算 約   400円(1BTC 40万円の場合)
QUOINE   0.01BTC   円換算 約4,000円(1BTC 40万円の場合)
GMOコイン   0.001BTC 円換算 約   400円(1BTC 40万円の場合)

こうしてみますと、各取引所の最低取引単位で投資を考えると、小さな額で売買可能です。
¥1,000円あれば十分取引可能ですので、少しずつ取引してみるのもいいと思います。

 

ビットコインの税金とは?

ビットコイン売買など仮想通貨に関わる税金の課税にあたって9月6日に国税庁より利益分は「雑所得」として扱うという発表がされました。すなわち累進課税制として税金は計算し、大きく利益を上げた人ほどより多く課税される仕組みということです。

2017年4月にビットコイン(仮想通貨)は正式に通貨(紙幣の法定通貨とは区分)となりました。そしてはビットコインそのものは現在非課税となっています。ですからビットコインとして持っていても課税されませんが、ビットコインで利益が出た分をそれ以外の通貨を変えると利益分に税金がかかってくるという仕組みになります。

⇒ 国税庁のホームページはコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたび国税庁がビットコイン取引にあたって「雑所得」として課税されるという見方を発表しました。いずれ法律として施行されるとなると国会で法整備されることが不可欠です。 その時点で今回の発表が主にこのまま通るのか、または内容に一部変更があるのかは不明ですが、より現実的になった状態で法整備されると考えられます。

仮想通貨取引で高い利益を得た人は、それをいきなり法定通貨に替えて納税する人は少ないと想定されます。1年ごとに少しづつ利益確定して納税していった方が納める金額は減るからです。さらに仮想通貨はこれから普及していくものであるから、現段階で保有する事はこれから先さらなる値上がり益の可能性も盛り込んであるためです。

 

まとめ

ビットコインの取引所が増えることにより、より身近な通貨としての利用できる日も近いと思います。一方でまだまだ投資としての側面が強く、毎日の値動きの大きさから「これだけ安定性にかける通貨で買い物はまだちょっと・・・」という印象も受けます。ただ間違いなく、これからの社会生活で必用不可欠な通貨となっていくと思いますし、私たちの生活をより便利にしてくれると思います。

投資としてではなく、ビットコインに慣れるという意味で、取引所に口座を開設してみてもいいのではないでしょうか。

 

副業初心者におすすめの【本】

 これから副業や投資をしていこうと考えている方におすすめする本です。ハウツーではなく、「考え方」を学ぶ上で参考になると思っています。わたしなりの見解ですので、その辺はご容赦の上でご検討してみてください。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

新品価格
¥1,718から
(2017/8/20 15:57時点)

パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる。この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。(引用:amazonより)

33歳で資産3億円をつくった私の方法

33歳で資産3億円をつくった私の方法

新品価格
¥1,200から
(2017/8/20 16:10時点)

29歳で転職した外資系コンサルティング会社で、忙しくも充実した日々を送っていた32歳の著者。夫婦共働きで家計には余裕があるはずなのに、なぜか貯金は70万円。しかし、それからたった1年で、資産3億円を形成、毎年1200万円の継続的&持続的キャッシュフローを手にするまでに至ります。本書ではその秘密があますところなく明かされますが、体験に裏打ちされた理論のわかりやすさは折り紙つき。巻末には書き込み式の「お金持ちプロジェクトノート」がついており、本気で「人生、お金、仕事」について考えたい読者をサポートします。(引用:amazonより)

お金に愛される生き方

お金に愛される生き方 (学びやぶっく)

新品価格
¥1,296から
(2017/8/20 16:18時点)

邱永漢(きゅうえいかん)の著書です。日本と台湾で、実業家、作家、経営コンサルタントとして活躍した方です。株の名人として有名で「金儲けの神様」と呼ばれていました。お金を増やすことについての考え方や、投資の原則などについて書かれた本です。シンプルな言葉で語りかけてくれていますので、読書が苦手な人でもスラスラと読み進めていけると思います。

-副業

error: Content is protected !!

Copyright© 「ちゃんもも」の気になるアレコレ調査ブログ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.